美容整形外科でのエラ削り体験

小さい頃から顔デカとからかわれて心はズタズタ



小さい頃から顔デカ
まさに人生を
恐怖心は隠せません

子供の頃からの悩みは、顔が大きいことでした。うちの家系は顔が大きいのが普通だったので、親も親戚もエラが立派に張っていて大きい顔で、自分が顔が大きいとはあまり実感がありませんでした。でも思春期にもなると、男の子からはリアルにからかわれますし、自分が顔が大きいことを、実感することになったのです。小顔で可愛い女の子には、みんなが優しいということにも、その頃から気がつき始めました。エラの張った大きい顔でしたが、人前ではいつも明るく笑っているタイプです。ですから、顔デカとからかわれても、大きく笑っていましたが、心はすっかりガラスのハートになっていました。美容整形をしようと考えたのは、20歳を過ぎて、自分で働いてお金を持てるようになってからです。美容整形クリニックを訪れる時には、それは緊張をしたものです。


フェイスライン総合サイト (慶友形成クリニック)
エラ削りの名医をお探しの方はこちら
仙台中央クリニック
とっぷ